読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊ねこ通信

日記とか備忘録とか。

今週の何か 〜声優曲とか vol.8〜

極上パロディウス より

www.nicovideo.jp

コナミシューティングゲーム「極上パロディウス 〜過去の栄光を求めて〜」より。

特に2曲目、3曲目が良い……シンセブラス全開で最高。

1.『清く正しく美しく』/永島由子

2.『好奇心』/小野寺麻理子

3.『恋はKini2』永島由子&小野寺麻理子

 

思い出より遥かに / 川菜翠

www.nicovideo.jp

声パラさんが紹介されていた楽曲。確かにVaporwaveっぽく聴くことも出来るし、Vaporwaveの一種の要素である変な「日本を勘違い」感がないのである意味安心して聴ける。

発売は95年。PCM音源という、FM音源の時代の後にやってきた程よくチープな音の時代はわたしにとってとても馴染みの深いもので(というのもニンテンドウ64で育ったようなものだから)、耳にすると不思議な安心感に包まれる。

 

Vaporwaveについて。以下の記事でVaporwaveをショッピングモール系/テレビゲーム系/東洋への幻想(というか誤解)系/シュールレアリスム系/リゾート系/…のようにイメージで分類していて、なんというかとても合点がいった。

Escaping Reality: the Iconography of Vaporwave « Bandcamp Daily

Vaporwaveってとてもゆるい概念でありそのゆるさがVaporwaveをVaporwaveにしているのかなとか思うわけで、こうしたわかりやすい視点を提示されると上手い具合に切り取られてしまっていて逆に不安になる一方、やはり文字にされるとどこか落ち着くよね…という心持ちです。

一つ目の「The Mall」の解説文がなんかやたら気合入っていて、お前そんなにショッピングモールが好きかよ! とひとりツッコミしながら読んだ。でも確かにたとえば、ららぽーと立川みたいなアホほど広いショッピングモールに行くとそうした、あまりにもモノがあるが故に妙な全能感が湧き出てくることがあるなあと納得した。無論その感覚がファンタジーだということについても。

MOTHER2の5階まである無意味に巨大なデパートもこのあたり意識しているのかな…という気もした)

 

君のままで(こみっくパーティDC版 OP)

www.nicovideo.jp

良い。

 

サンデーモーニング / 天才てれびくん(MTK)(飯田里穂) ほか

www.nicovideo.jp

飯田里穂天てれ時代の曲。2003年。

その後、星空凛として人気声優になるわけだが、ラブライブ!に疎いこともありわたしの中では未だに天てれのイメージが強い(当時小学生とかだったのでよく観ていた)。ファンの方には大変申し訳無い(というかわたしが不勉強)のだが、飯田里穂の画像を見るたびに「懐かしい…」という気持ちが先行してしまう。

www.youtube.com

こちらは2005年。なかなか名曲。

 

www.nicovideo.jp

そして当時かなり好きになった記憶があるこの曲、『きみのとなりで』。

CD版のクレジットだと「トゥインクル中村里砂飯田里穂)」というユニット名義になっている。飯田里穂がピアノ弾き語りしている貴重なライブ映像である。加藤夏希×ゴルゴ松本ってまた懐かしい。

特にサビの「時間の交差点 出会えたことを」の高音が最高!最高…

ところで、『きみのとなりで』は声優曲に入るのだろうか。

(声優という職業は従前の人生に遡及効果をもたらすのだろうか)

 

www.youtube.com

飯田里穂関係ないが、2003年のMTKメンバーによるRick Astleyのカバー『Together Forever』もMV含めてとても良いなあ…と。著作権の関係かCD収録はされていないのが非常に惜しまれる。

ほか、「カーマはきまぐれ」もすごくいいなあと思いながら当時聞いていた。結局洋楽にあまり詳しくなれないまま大人になってしまったが、ハッチポッチステーションとか、その年代に結構色々な音楽に触れる機会があり現在まで記憶していることを想うとテレビの効果ってやはりすごいんだなあ…と本筋から全く離れたところで感心してしまう。

天才てれびくんの音楽についてはWikipediaに猟奇的なまでに網羅的にまとめられているので暇な時に読むと良いと思います。

天才てれびくんシリーズの音楽コーナー - Wikipedia